電気代節約のカギを握る冷蔵庫

毎日の生活を地味に支えてくれる冷蔵庫。
実は冷蔵庫は非常に大きな電力を消費するので、電気代の節約には冷蔵庫の節電が欠かせません。

冷蔵庫の節電で最も重視すべきは、扉の開け閉めです。

冷蔵庫の扉を開ければ、当然ですが冷気が逃げます。
冷気が逃げるだけではなく、外界の温かい空気が入るので、余計に庫内の温度は上がります。
庫内の温度を元に戻すために消費される電力は思いのほか大きいので、冷蔵庫の開け閉めに気を配るだけで電気代を節約することが出来るのです。

なので食材を取り出す時には素早く開け閉めをして、開きすぎないように角度にも注意が必要ですし、素早く取り出せるように庫内の食材の配置を把握しておくのも大切です。

買った食材がどこにあるか分からなければ、扉を開けている時間も長くなってしまい、電気代の浪費につながります。
もちろん「お腹すいたな~何かないかな?」などと気軽に冷蔵庫の扉を開けて物色するのも厳禁です。

節約主婦向けの便利グッズとして、冷蔵庫の庫内の冷気が逃げないようにした冷蔵庫カーテンも人気です。

また冷蔵庫に食材を詰め込み過ぎると冷気の循環が悪くなり、おまけに見晴らしが悪くて食材を取り出すのにも時間がかかるので、庫内の整理整頓に気を配るのも大切です。

そして、古くなった冷蔵庫は適宜買い替えることも大切です。
電化製品の進化は著しく、10年違えば消費電力は3割から5割程度違うものもあるそうで、いつまでも古い冷蔵庫を使っているとそれだけで大きな電力を使ってしまいます。

冷蔵庫を上手にコントロールして、電気代を無理なく節約できるようにしたいと思います。

コメントを残す