服を長持ちさせる洗濯方法

服は毎日使う日用品であり消耗品ですが、どうせなら長持ちさせたいですよね。
ところが、洗濯方法を間違えると、服はすぐに傷んでしまうので、余計な出費を強いられることになってしまいます。

忙しいと服を無造作に乾燥付洗濯機に放り込んでしまいがちですが、これは服を傷める原因になります。

バスタオルなどは乾燥機にかけると天日干しよりもふんわりするのでお勧めですが、乾燥機の熱は生地にダメージを与え、また縮ませてしまう危険もあるので、素材を選んで利用する必要があります。

また乾燥機を回している間の電気代もバカにならないので、可能な限り乾燥機は使わないのが節約のためにはベターです。

普通に洗う場合も、そもそも生地の素材によって洗濯方法は違うので、洗濯表示タグをきちんと読むことが大切です。

例えば水洗い一つ取ってみても、洗濯器を使っても良いのか?その場合の温度は何度までOKなのか?手洗いならいいのか?水洗いはまるっとダメなのか?が表示されています。

他にもアイロンを使う場合の温度設定や、ドライクリーニングに出していいのかどうか(これはクリーニング屋さんの店頭でもチェックされますが)、絞り方や干し方はどうなのか、洗濯表示タグには様々な情報が記載されています。

これらをチェックしてから洗わないと、せっかくの服が縮んだり色褪せしたり、場合によっては着れないほどのダメージを受けてしまうかも知れません。

お気に入りの服を清潔に保ちながら長持ちさせるには、正しい洗濯方法をすることが大切だと言えます。

コメントを残す