お金がなくても病院に行こう

※あくまでも、健康保険料を払わずに病院を受診する裏ワザ!ではありません※

ホームレスだったり外国籍だったり失業してお金がなかったり、虐待などで家族から逃げていたり、何らかの事情で健康保険料が払えずに保険証を持っていない人がいます。

保険証がないからと病院に行かなければ病気を悪化させてしまいますし、命に関わったり障害が残るなどの最悪の事態すら予想されますが、普通は保険証がないと病院を受診できないと思いますよね。

でも、実はちゃんと病院にかかることが出来るのです。

そもそも病気は早期発見と早期治療が大切で、そうすることで治療がスムーズになって結果的に医療費が安くなり、自分にとっても国にとってもメリットがあります。

近年の老人医療費の増大が国の財政を圧迫してる面もあり、政府としては早期発見と早期治療で元気になってもらって働いて欲しいのは当然でしょう。

そこで厚生労働省では、たとえ所得がなくて保険証を持っていなくても病院を受診できるように、社会福祉法という法律を整備して無料低額診療施設を用意しているのです。

政府は社会福祉法第2条3項の九で定められた”生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業”を行っていて、それが無料低額診療施設なのです。

この無料低額診療施設は、保険証のない人の治療を無料または低額で行う見返りとして税制上の優遇を受けているので、病院側にもちゃんとメリットがあるのですね。

具体的には○○済生会病院や済生会○○病院などという名の病院を運営している社会福祉法人恩賜財団済生会が有名ですが、それ以外にも民医連や医療生協など、これらの事業に参加している病院は意外と多く、自治体のホームページの福祉関連のカテゴリーなどでも紹介されています。

最大で半年まで通院できるので、今は自分には必要がなくても、身近で困っている人がいる時に教えてあげることが出来るので、調べてみる価値はあると思います。

コメントを残す