男の期待と女の期待②~男が女に期待する5つの欲求~

男が女に期待することは次のようなことです。

1.心も体も満たされたいのは愛しているから
男性は女性よりも性欲が強いのかどうかはわかりませんが、性衝動に関していえば、男性の方が女性よりもはるかに強いものを持っているそうです。
女性は「愛情のないセックスなんて考えられない」と考えますが、男性の場合は逆で「セックスのない愛情なんてありえない」と考えるのです。

性的充足に関する欲求が男女で異なることを理解したうえで、夫を理解すれば、身体ばかり求めてくると相手をうっとおしく思う気持ちはなくなるでしょう。

自分を愛しているあらわれと思いましょう。

2.同じ趣味を持つ二人はうまくいく
オタクとか〇〇マニアは男性が多いですよね。
男性の方が女性よりも自分の趣味にのめりこむ傾向が高いです。
でも、男性は一人で趣味に走りたいわけではありません。
パートナーであるあなたと一緒に楽しみたいと考える人がほとんどです。
妻であるあなたに良き遊び相手であることを期待しているのです。
一緒に楽しめる趣味があると満足度は高まります。
夫婦円満の秘訣とも言えますね。

3.いつでも美しい女が好き
タイトルを見て、男は勝手な生き物だと思いましたか?
でも、あなたのことを魅力的だと思ったから結婚したわけです。
俺の妻はこんなに美人なんだと威張っていたい気持ちもあるようです。

家事や子育てが忙しくても「女」であることをやめてしまってはいけません。
ちょっとしたしぐさからでも女性らしさはにじみ出るものです。

夫のためというより、自分磨きと考えれば無理なくきれいにしていられるかもしれません。

子供ができるとお互いのことを「パパ」、「ママ」と呼び合うご夫婦がいますが、お相手の親になったわけではないですよね。
「おかあさん」と夫に呼ばれるのは嫌だという女性も増えてきました。
そういう呼び方は子供に任せておいて、お互いは変わらぬ呼びかけを続けたいですね。

4.内助の功はいつの時代も変わりません

男性の本能はいつの時代も、自分を支えてくれる女性を求めています。
妻が自分のために家事をこなし、自分を陰になり日向になり支えてくれることに、喜びを感じ、感謝しているのです。

もちろん、どんなに完璧に家事をこなしていても義務感で仕方なくやっている妻にはなかなか感謝の気持ちを示すことはないでしょう。

少しルーズだったり、なかなかきちんとこなせなかったとしても、夫のために一生懸命になっている妻には優しくしたくなるのは人間として当然の心の動きだと思います。

共稼ぎの場合、全て妻がするというのは大変だと思います。
が、内助の功を発揮しつつ、上手に夫の手を借りるようにしてみましょう。
共働きなんだから分担して当然でしょ!という態度では夫婦円満を続けることはできないでしょう。

5.いつでも女性の称賛の声を浴びたい

だれでも、人からほめられたいという気持ちはありますが、人から認められたいという欲求は、男性の方が女性よりもずっと強いものです。

結婚していれば、妻が一番のサポーターでいたいものです。
どんな小さいことでも褒められればうれしいものです。
まして、愛している相手からほめられれば、感謝の気持ちは高まりますし、何事も頑張っていこうという積極的な気持ちも強くなっていきます。

男女が期待していることの違いを理解すれば、夫との気持ちのすれ違いも少なくなるのではないでしょうか。

AD:無料で会えるのはここ

コメントを残す