喧嘩になったら

喧嘩になってしまったらどうしていますか?

いくら仲の良いご夫婦でも喧嘩を全くしないということはないでしょう。

別々の人格を持った二人が一つ屋根の下で暮らしているわけですから、時には相手の意見とは正反対の考えを持ったり、口論になったりすることもあるでしょう。

それがいけないというのではありません。

むしろ何年も暮らしていて全く喧嘩をしたことがないという方が不自然だと思わないですか?

もちろんそういうご夫婦もいないとは言いません。でも、どちらか片方がずっと我慢していてある時、とうとう爆発してしまったという方が修復不可能になることでしょう。

喧嘩をして相手の新たな面を発見したらそれを理解してあげればよいのです。

自分と意見が合わないからと言って相手がおかしいと決めつけてはいけません。

相手のことを信頼し許容しあえれば受け入れることは可能です。
「あなたのこういう考えは私は同意できない。でも、あなたがそのような意見を持っていることを尊重します。無理に変えようと思いません」ということで良いのです。

意固地になるとこじれるばかりですよね。些細なことから大事になってしまうことだってあるのです。

だから、あなたの方から先にごめんなさいと言ってしまいましょう。

折れるのではなく認めてあげればよいのです。相手に負けるというわけではありません。
でも、そんな風に喧嘩をして、ごめんなさいというタイミングを失ってしまった時の効果的な方法をお教えしましょう。

寝る前に「おやすみなさい」を言いましょう。

何も言わずむすっとして寝てしまったら、その状態は翌朝まで引きずられてしまいます。

時間がたつと険悪になった理由はどこかへ行ってしまいその雰囲気だけが重苦しく残ってしまいます。

なので、おやすみなさいのあいさつをしてその場をリセットしましょう。

コメントを残す