ダンナに好きだと言わせたかったら

女性らしいボディラインをキープする

恋愛時代は自分磨きを一生懸命していても、結婚をして子供が出来て…と時を重ねるに従い自分の体型を気にしなくなっていく人もいますね。
お父さんとお母さんになってしまうと、それはそれでありなのかもしれませんが、女性として見てもらいたいと思ったらちょっとまずいですよね。

幾つになっても「好きだよ」とか「愛している」などと言われたいと思ったらいつまでも女性らしくありたいものです。
くびれのあるメリハリのあるボディラインもその一つです。
美しいボディライン自体も魅力的ですが、自分のためにキープしていると思うとそれだけで妻をいとおしいと思うのが男性心理です。

メイクを忘れない
自宅では一日中ノーメイクという人も多いと思います。
でも、夫の前では薄化粧を心がけましょう。
すっぴんがいいよと言われたこともあるかもしれませんが、どんな時もきちんとしている妻は魅力的に映るものです。
夫が疲れて帰ってきた時などは、知らず知らずにノーメイクの妻を老けたおばさんに見えてしまうこともあります。

夫は妻にいつまでも魅力的でいてほしいと思うものです。
それを面倒と思うか、続けようと思かですが、「好きだよ」というのは夫にとっても照れくさい恥ずかしいものです。
その言葉を引き出すのはあなた自身にかかっているのです。

おすすめ>>メールレディノンアダで稼ぐ

コメントを残す