自分の評価は周りの人がつける絶対のルール

他人が理解してくれていなくても、自分には能力と才能があるのは、自分自身がよくわかっている。

と勝手に納得している人がいるとしたら、その考え方は改めた方がいいです。

 

なぜなら、お仕事では、例えば上司や取引先などの他人の評価が何より重視されるからです。

 

自分の仕事ぶりに納得して、自分自身に高い自己評価を下していても、周りの人がそれを認めていなかったら、何の意味もないことになってしまいます。

それが、他人が理解してくれていなくても、自分だけがわかっていれば、と考えて自己評価ばかり下しているのは、実は自分に自信がない事の裏返しでもあります。

自己評価

他人が評価してくれないから、自己評価することで足りない自信を補っているのです。

さらには、自分で自分を褒めているうちは、仕事に対するヤル気もなかなか生まれてこないものです。

 

「他人の評価なんてどうでもいい」と投げやりになっている人は、自分の評価は他人が決めるものだと改めて肝に銘じて下さい。

そういった考えばかりでいると、せっかく良い人が現れたとしても離れていってしまいます。

 

コメントを残す