相手の興味の度合いを見抜くコツ

ドラマや映画などのクライマックスシーンになると、つい身を乗り出して画面を凝視してしまうものです。

これは、別に画面が見えづらいから乗り出すわけではありません。

 

人は興味のある内容に関して、思わず引き込まれて前のめりになってしまいます。

もっと見たい、もっと知りたいという心理ともっと見たい、もっと知りたいという行動が一致している状態なのです。

身を乗り出す

 

 
だから、会話をしているときに相手が少しでも身を乗り出してきたら、その時を見逃さないようにして下さい。

顔では、普通に会話しているような態度であったとしても、少しでも相手が前傾姿勢になったとしたら、その話題に喰いついた証拠なのです。

前のめりになった瞬間を見逃さずに覚えておくといいです。

会話のどこの部分で興味をもったのかがわかるため、その部分を詳しく、広く話すことが出来ます。

また、話の内容に興味がない時には、体がどちらかというと後ろ寄りになります。

例えば、相手が椅子の背もたれにもたれかかっているようなら、あまり話に感心を抱いていないと思っていいです。

 

コメントを残す