相手から好意的にデキる人だと思われるトリック

人の話を聞くことは意外と難しいものです。

上手く相槌を打つことで、相手の話したいという気持ちを引き出すことが肝心だが、聞き上手という言葉があるほどです。
ですが、それは誰にでもできるというわけではありません。

相槌
「そうですね」「なるほど」「私もそう思います」などとうまく相槌を打つことが効果的であることは言うまでもありませんが、実はそれに加えてもう一つコツがあります。

相手が何かを命令やお願いをしてきた場合は、

その内容を上手くまとめて復唱するとよいです。

 

「つまりあなたは、こういうことを私にして欲しいんですね」「私は、こんなことをすればいいんですね」というようにうまくまとめて復唱すれば、相手は「この人は自分の伝えたいこと、求めていることを的確に受け止めてくれている」と思って安心します。

もちろん、性格も誠実だと受け止められるし、安心感をあたえることにもつながります。

言うまでもないのですが、自分自身が相手の意図や会話の内容を間違いなく認識するという意味でも、内容の復唱をする習慣をつけてみて下さい。

 

 

コメントを残す