うなずき方にもバリエーションが必要

あなたが自分の話を熱心にしているとき、相手の相づちが少なかったり、無表情で聞かれていたらどう思いますか?

 

たとえ相手が、自分の話を一字一句漏らさずに聞いていたとしても、おそらく嬉しくはないでしょう。

 

人が話をするとき、聞き手に求めているのは反応なのです。

 

これが無反応だと「あなたの話に興味はない」、もっと悪くなれば「あなたの話は間違っていると思う」などと否定的に受け取られる可能性が高いです。

 

ドンドン話しづらくなり、会話は尻つぼみでで終わってしまいがちです。

 

あなたは反応の大きい人でしょうか?

 

例えば、きちんとうなづいて「聞いています」というサインを送っていますか?

 

聞き上手はうなずき方ひとつ見ても、話の気持ちの変化にあわせて、ゆっくりうなずいたり、強く短くうなづいたりして、ちゃんと変化をつけています。

 

これが話し手から見ると、すごく熱心に聞いてくれている感じがするのです。
「聞く」とは、耳だけで行う作業ではなく、体全体で行うものです。

 

今まであなたの会話がはずまなかったのなら、それは話題がないせいではなく、反応の仕方に問題があった可能性はありませんか?

コメントを残す