カテゴリー別アーカイブ: ダンナの気を惹くプチテク

ダンナに好きだと言わせたかったら

女性らしいボディラインをキープする

恋愛時代は自分磨きを一生懸命していても、結婚をして子供が出来て…と時を重ねるに従い自分の体型を気にしなくなっていく人もいますね。
お父さんとお母さんになってしまうと、それはそれでありなのかもしれませんが、女性として見てもらいたいと思ったらちょっとまずいですよね。

幾つになっても「好きだよ」とか「愛している」などと言われたいと思ったらいつまでも女性らしくありたいものです。
くびれのあるメリハリのあるボディラインもその一つです。
美しいボディライン自体も魅力的ですが、自分のためにキープしていると思うとそれだけで妻をいとおしいと思うのが男性心理です。

メイクを忘れない
自宅では一日中ノーメイクという人も多いと思います。
でも、夫の前では薄化粧を心がけましょう。
すっぴんがいいよと言われたこともあるかもしれませんが、どんな時もきちんとしている妻は魅力的に映るものです。
夫が疲れて帰ってきた時などは、知らず知らずにノーメイクの妻を老けたおばさんに見えてしまうこともあります。

夫は妻にいつまでも魅力的でいてほしいと思うものです。
それを面倒と思うか、続けようと思かですが、「好きだよ」というのは夫にとっても照れくさい恥ずかしいものです。
その言葉を引き出すのはあなた自身にかかっているのです。

おすすめ>>メールレディノンアダで稼ぐ

男の期待と女の期待②~男が女に期待する5つの欲求~

男が女に期待することは次のようなことです。

1.心も体も満たされたいのは愛しているから
男性は女性よりも性欲が強いのかどうかはわかりませんが、性衝動に関していえば、男性の方が女性よりもはるかに強いものを持っているそうです。
女性は「愛情のないセックスなんて考えられない」と考えますが、男性の場合は逆で「セックスのない愛情なんてありえない」と考えるのです。

性的充足に関する欲求が男女で異なることを理解したうえで、夫を理解すれば、身体ばかり求めてくると相手をうっとおしく思う気持ちはなくなるでしょう。

自分を愛しているあらわれと思いましょう。

2.同じ趣味を持つ二人はうまくいく
オタクとか〇〇マニアは男性が多いですよね。
男性の方が女性よりも自分の趣味にのめりこむ傾向が高いです。
でも、男性は一人で趣味に走りたいわけではありません。
パートナーであるあなたと一緒に楽しみたいと考える人がほとんどです。
妻であるあなたに良き遊び相手であることを期待しているのです。
一緒に楽しめる趣味があると満足度は高まります。
夫婦円満の秘訣とも言えますね。

3.いつでも美しい女が好き
タイトルを見て、男は勝手な生き物だと思いましたか?
でも、あなたのことを魅力的だと思ったから結婚したわけです。
俺の妻はこんなに美人なんだと威張っていたい気持ちもあるようです。

家事や子育てが忙しくても「女」であることをやめてしまってはいけません。
ちょっとしたしぐさからでも女性らしさはにじみ出るものです。

夫のためというより、自分磨きと考えれば無理なくきれいにしていられるかもしれません。

子供ができるとお互いのことを「パパ」、「ママ」と呼び合うご夫婦がいますが、お相手の親になったわけではないですよね。
「おかあさん」と夫に呼ばれるのは嫌だという女性も増えてきました。
そういう呼び方は子供に任せておいて、お互いは変わらぬ呼びかけを続けたいですね。

4.内助の功はいつの時代も変わりません

男性の本能はいつの時代も、自分を支えてくれる女性を求めています。
妻が自分のために家事をこなし、自分を陰になり日向になり支えてくれることに、喜びを感じ、感謝しているのです。

もちろん、どんなに完璧に家事をこなしていても義務感で仕方なくやっている妻にはなかなか感謝の気持ちを示すことはないでしょう。

少しルーズだったり、なかなかきちんとこなせなかったとしても、夫のために一生懸命になっている妻には優しくしたくなるのは人間として当然の心の動きだと思います。

共稼ぎの場合、全て妻がするというのは大変だと思います。
が、内助の功を発揮しつつ、上手に夫の手を借りるようにしてみましょう。
共働きなんだから分担して当然でしょ!という態度では夫婦円満を続けることはできないでしょう。

5.いつでも女性の称賛の声を浴びたい

だれでも、人からほめられたいという気持ちはありますが、人から認められたいという欲求は、男性の方が女性よりもずっと強いものです。

結婚していれば、妻が一番のサポーターでいたいものです。
どんな小さいことでも褒められればうれしいものです。
まして、愛している相手からほめられれば、感謝の気持ちは高まりますし、何事も頑張っていこうという積極的な気持ちも強くなっていきます。

男女が期待していることの違いを理解すれば、夫との気持ちのすれ違いも少なくなるのではないでしょうか。

AD:無料で会えるのはここ

男の期待と女の期待~女が男に期待する5つの欲求~

アメリカの臨床心理学者ウイラード・ハーリ博士によると、男性と女性ではパートナーに満たしてほしいと思う欲求が全く違っているそうです。

そのあたりのところをきちんと理解していないとパートナーと気持ちを通じ合うことがむずかしいということです。

まず、わかりやすい女性の方から紹介します。

1.女性は何よりも愛情を示されるのがうれしい
 「愛してる」と言われたり、ハグされたり…女性なら誰でもいろいろな形で愛情表現されるのが好きですよね。
でも、特にシャイな日本の男性は愛情表現が苦手のようです。
恋人時代はあんなに優しかったのに…というのはまだましな方で、結婚する前からお相手がぶっきらぼうだったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
待ってばかりいないで、たまにはご自分から愛情表現をしてみませんか?
意外な効果があるかもしれないですよ!

2.会話があると愛されていることが実感できる
 女性といえばおしゃべり好きの代表のような言い方をされることがありますが、結婚してからだって、恋人同士の時と同じようにいろいろな話をしたいと思うのが女性心。
特に、赤ちゃんが小さい頃は一日家の中にいることも多くて、余計話し相手が欲しくなりますよね。
でも、夜遅くに疲れて帰ってきたご主人に立て続けに言葉を浴びせてしまうと相手はイライラしてしまいます。
男性だって好きな相手との楽しいおしゃべりは嫌ではありません。
相手のことを気遣って、楽しくおしゃべりできるタイミングを見つけましょう。

3.誠実な男性に女性は惹かれる
 女性は誰でも、自分だけを見てくれている人が好きです。
ウソをつかれたり、浮気をされるのは嫌ですよね。
誠実な男性を見分けるコツはいくつかありますが、誠実な人は基本的に、誰に対しても公平な態度を取ります。約束を守ります。
誠実ではない人を好きになってしまったら?
あきらめるか我慢するかしかないでしょうね。
不誠実な人が心を入れ替えるということはなかなかありませんから。

4.自分たちの巣を守ってもらうためには経済的安定性は大事
 どんなに好きで惚れぬいた相手でも、お金がないと生活を続けていくのは難しいですよね。
特に、子供がいたりしたら将来のことなども考えるでしょう。
何をするのもお金が付いて回るものです。
お金さえあればいいというものではありませんが、あるにこしたことはないですよね。

5.彼には良きパートナー、よき父親でいてほしい
 夫には自分の良きパートナーであると同時に、子供にとっていい父親で会ってほしいと誰もが思うものです。
子供は、両親を見て育つものですから、父親の存在は大切ですよね。

相手が喜ぶことをする

いつでも、どんな時でも相手が喜ぶことをしましょう。

ほんのちょっとした小さなことでも構わないのです。

サプライズプレゼントばかりしていたら、家計に響くかもしれません。

大がかりなことをしようとするとだんだん思いつかなくなり負担になってしまうでしょう。

寒がりのご主人だったら、朝、気持ちよく起きられるように部屋を暖かくしておくとか、

疲れていそうだったらスタミナのつく、

胃腸に優しい献立にするとか、出張中に写メを送るとか…

誰でも喜ぶようなこと、ご主人が絶対に喜ぶだろうこと、そんなことを日々の生活にちりばめていくのです。

だれでも、何気ない人の優しさ、暖かさに心を奪われるものです。

見知らぬ人に親切にしたって喜ばれるのですから、大切な家族はなおさらでしょう。

 

 

相手に干渉しすぎない

自分が忙しい時はそれほどでもないけれど、ゆとりがある時などは、ついつい夫の行動を気にしすぎるようなことはないですか?

毎晩帰りが遅いと、残業続きなのかな?それとも…
とか

出張で1週間ほど留守にするとなると、出張先で羽目を外してはいないかしら?
などと考える方もいるかもしれません。

ただ考えているだけならまだしも、それを口に出してしまう方はいないでしょうか?

「毎晩毎晩、そんなに仕事があるの?」

「東京へ行ったら、メイド喫茶やらガールズバーやら遊ぶところがたくさんあるんですってね」

などと言ったら、言われた方はたまったものではありません。

ご主人の会社内や通勤時の様子を知っていますか?

ほとんどの男性は、家族のために真面目に一生懸命に仕事をしているものです。

いつまでも、借家住まいを続けるのではなくて、家を手に入れて家族と暮らしたいとか、子供の教育をしっかりしたいとか…

多くの妻帯者はけなげなものなのです。

 

そんなに頑張っているのに、勝手なことを言われたり、携帯や持ち物を調べられたりしたら、夫の心はどんどん妻から離れていきます。

男性は女性以上に詮索されるのを好みません。

気持ちよく夫に働いてもらうために、そして夫婦仲を良い関係であり続けるために相手に干渉しすぎないようにしましょう。

 

妻への不満ベスト3は

夫から妻への不満の中で度々聞くものがいくつかあります。

(1)愚痴を言わないで欲しい

「帰ると、すぐにご近所や子どもの愚痴をすごい勢いで言われる。こっちも仕事で疲れているだけど……。」とは夫側の意見。

対して妻からは……

「一日一人で、夫や子どものために色々やっているのだから、話くらいは聞いて欲しい」との意見が出ました。

会社で弱音も吐かずに、家族のために一日頑張っていた夫と、近所付き合いや子どもの世話、家事など、一日頑張っていた妻。

どちらの気持ちもわかりますね。

こんな時は、まずは妻から夫に労いの言葉をかけることで、夫の心も緩み、「少し話を聞こうかな」という気持ちになりやすいようです。

また、時には二人で外に食事に出かけたりと、普段とは違う場所で過ごすことで、気分が変わり、互いに昔の相手に対する気持ちを思い出せるかもしれませんね。

男性は、何かを言われるとアドバイスを求められていると思い、解決のための答えを提示しようとします。ダラダラとゴールの見えない話を聞くことは苦痛に感じてしまいます。

対して女性は、解決よりもただ、「聞いてもらうこと」を望んでいることが多いものです。

そんな男女の違いを知り、「5分だけ話を聞いてもらいたいんだけど、いい? ただ聞いてくれるだけでいいから」と、終了時間というゴールと、「ただ聞いて欲しい」という希望を明確に伝えることで、男性も安心して話を聞くことができます。

互いに少しずつ相手の気持ちに寄り添い、表現のし方に気をつけるだけで、夫の「愚痴を聞かされる」という苦痛が薄まり、妻の「話を聞いて欲しい」も満たされます。

(2)家事を頑張って欲しい

料理の不満がほとんどだと思ったのですが、意外と多かったのが、「妻が部屋の片付けが出来ない」ということに対しての不満でした。

「仕事から帰った時に部屋が散らかっていると、疲れが倍増する」という意見も出ました。

人は視覚情報をキャッチする生き物です。部屋が散らかっていると、無意識のうちに大量の情報が頭に流れ込み、脳が常に疲れている状態になります。

それも無意識のことなので、本人は、「何だかしらないけどイライラする」「部屋にいると疲れる」と、漠然と感じるだけです。

そんな無意識の居心地の悪さから、帰宅が遅くなったり、家でリラックスできなくなる……などのことがないように、散らかしても、旦那様が帰宅する前にはある程度片付けておいた方が良さそうですね。

(3)女を忘れないで欲しい

「いつもノーメイクでジャージ姿だと女を感じない」「最低限女性としての意識は持ち続けて欲しい」とのたくさんの意見が聞かれました。

「夫が結婚したら優しくしてくれなくなった」のは、夫が変わったことが理由ではなく、もしかしたら、妻であるあなたが変わったことが理由かもしれません。

「結婚したから構わなくていいや」ではなく、結婚したからこそ、綺麗でいるための努力や、女性としての意識は持ち続けていたいものです。

いつでも一番の味方になる

男性がなぜ女の子のいるお店に行きたがるかわかりますか?

ちやほやされたいからでしょ?とおっしゃる貴女、正解です。

でも、なんでちやほやされたいと思いますか?

男性はだれでも、女性から認められるとテンションが上がるイキモノなのです。

まあ、女性も人から認められると嬉しいものですが、男性の方がうれしさをより強く感じるようです。

高いお金を払って夜のお店に行かなくても、一番近くにいるあなたが、一番の味方になって、認めてあげればうれしさはより大きいものとなるでしょう。

気の合わない上司がいても、口うるさい得意先に行かなくてはならなくても、家に帰ればいつでも一番の味方のあなたがいると思えば、男性はそれだけでがんばれちゃうのです。

一番の味方といってもご主人の言いなりになるということではありません。

でも、いつでも相手の良いところを見て褒めてあげると男性は元気が出てきます。愚痴でも何でもしっかりと聞いてあげて、良くない点は指摘しつつも、ねぎらってあげるのです。

貴方はご主人の一番の見方になっていますか?

 

インディアンのことわざ

インディアンの教えだそうですが、

わたしの後を歩くな。
どこへ行くか分かっていないときもあるのだから。
わたしの前を歩くな。
わたしが君についていかないこともあるのだから。
歩くときは横に並べ。
さすればわれわれもひとつになれるかもしれない。

という言葉がありました。

いろいろなシチュエーションがあると思いますが、夫婦間にも当てはまる言葉だと思います。

夫が前を歩き妻が後からついていくのではなく、妻が先に進み夫を従えていくのでもなく、夫婦が並んで同じ方向を向いて進んでいくのが一番良い関係なのではないでしょうか?

同じ方向を向くというのは、同じ価値観を共有し、同じ目標を持って進んでいくということだと思います。

もちろん別々の人間なのですから全てが同じというわけにはいきません。

お互いの違いを認め合ったうえで、二人で生きていくという根っこの部分が理解しあっていられれば良いのだと思います。

自分の都合ばかりで突き進んではいませんか?

すべて任せていれば安心とばかり自分では何一つ決めようとしないで、何かあった時にはすべて相手のせいだと責め立ててはいないでしょうか。

並んで進んでいくというのは、自立した二人が相手を尊敬しあい、信頼しあって共に生きていくことだと思います。

あなたはご主人と並んで歩いているでしょうか?

 

自分を磨く

忙しいからといって、髪をひっつめにしてジャージ姿で一日過ごしてはいないですか?

特に子供が小さい時は、汚れるからといってヨレヨレのトレーナーを着ていたりしていないですか?

何もいつでも飾り立てましょうというわけではありませんが、妻にいつまでも魅力的な女性でいてほしい、というのは夫の本音です。

赤ちゃんを育てているときは、モヘアのセーターはやめておこうとか、活発な男の子だったらパンツルックを中心にしようとか、たまには好きなワンピースも着たいなあとか…

お出かけをする時も、家の中にいる時も、いつでも、TPOを考えた小ざっぱりした服装を心がけているとセンスも磨かれます。

お金をかけなくても自分に合ったファッションは見つかりますよ。

そして、外見を磨くだけでなく、ヘルシーな生活を送って健康状態を良好に保ちことも大切です。
結婚する前より10キロも太ってしまったら見た目だけでなく、健康的にも良くないでしょう。

また、内面も磨いて精神的にも美しくなる努力をすることで、「オレのために頑張ってくれているんだな」と彼は鼻高々になることは間違いないでしょう。

いつまでも素敵な妻に、ご主人は惚れ直すでしょうし、いつまでも大切にしなくてはと思うことでしょう。

彼の好きな料理を作る

旦那の気を引こうと思っても具体的にどんなことをすればよく分からないという方もいるのではないでしょうか?

結婚して数年たち、子供もいると、家事に育児にと忙しいし、子供の前でラブラブするのは気恥ずかしいしと思う方もいるかもしれませんね。

でも、子供は仲の良い両親が大好きなんです。
照れずに自分の感情を表現しましょう。

 

それでも何をしたらいいかと悩んだときは、彼の好きな料理を作ってあげましょう。
普段はついつい子供の好きなものが食卓に並んでいるのではないでしょうか。

でも、なんだか、今日は夫の元気がないな、などと感じる日は、腕によりをかけてご主人の好きな料理を作ってみましょう。
仕事で疲れやストレスがたまっていて元気がないご主人も、自分の好きなものが並んだ食卓を見れば、あなたの気持ちがわかるはずです。

自分の様子を気遣って好きなものをわざわざ作ってくれたんだなあと喜んでくれるでしょう。
やっぱりいい妻だと惚れ直すかもしれないですね。

これをすると嫌われます

[夫婦仲が悪くなるコミュニケーション]というのを見つけました。
反面教師ということで、こんなことをしなければ夫婦仲は悪くなることはないでしょうという形で利用できると思います。

旦那の気を引きたいんだけど、喧嘩ばかりしていてとてもそこまでの雰囲気にならないという方は、まずは夫婦関係をニュートラルな状態に戻して、そのあともっといい関係になれるような工夫をしてみると良いのではないでしょうか。

夫婦仲の悪くなるコミュにメーションとして
その1:相手の話を聞かないで自分の話ばかりし続ける

ご主人が話をしているときに話をさえぎって自分のことを話してばかりいませんか?

ご自分がされたらどんな気分になるでしょうか?

誰でも自分の話を聞いてもらいたいものです。自分の話ばかりしてしまうなあと思う方は、意識して相手の話を聞くようにしてみましょう。

 

その2:思っていることを言わない

いくら気心が知れている夫婦といってもお互い別々の人間ですから、相手のすべてを理解できているわけではないですよね。

いくらわかってくれると思ったと言ったところで相手は困ってしまいますよね。

こうして欲しいとか、これはやめてほしいとか、こうしたいとか…2人で生活を続けていくうえで解決をしておきたいことは言葉に

出して伝えましょう。話し合えば解決策も見つけられることでしょう。

 

その3:相手を非難ばかりする

新聞ばかり読んでゴロゴロしているとか、何も手伝ってくれないとか、顔を合わせるたびご主人を非難してはいませんか?

そういう言葉ばかり投げかけていると、相手からも優しい言葉を聞くことはできないでしょう。

お互いに気分が悪くなるばかりですし、よりぎくしゃくしてしまいます。

それが続くと、だんだん会話もなくなってしまうでしょう。

何か気になるところがあったら、非難するのではなくどうすればよくなるか話し合ってみましょう。

 

その4:感情をむき出しにする

何か問題が起こった時、自分の思いばかり話していませんか?

また、怒りに任せて感情のおもむくままにご主人に当たり散らすことはないでしょうか?

結婚生活を続けるためにはお互いの歩み寄りが必要です。当り散らしても何の解決にもなりません。

冷静になった時に言い過ぎたなと思っても、あとの祭りということになりかねません。

いくら喧嘩をしたとしても、一人前の大人なのですから相手に対する尊敬の念は忘れないようにしましょう。

 

年末年始は普段より一緒に過ごす時間が長くなると思います。

どんな素敵なご主人でも時にはイラつかされることもあるでしょう。

そこであなたがどういう態度をとるかで、ご主人の気持ちが離れていくか、ぐっと引き寄せられるのか決まってきます。

HAPPYになりたい方はどうすればよいかもうお判りでしょう。
せっかくの長期休みです。良い関係を作っていきましょう。

以上、“夫婦仲が悪くなるコミュニケーション5つ”でしたがいかがだったでしょうか? 案外、当てはまるものがあるかもしれません。今までは、たまたま大問題にならなかっただけかもしれませんよ。要注意です。

年末年始の家族イベントが多いこの時期、仲良く楽しい時間を一緒に過ごしたいものです。

サプライズプレゼント

公益社団法人 日本通信販売協会が「通販といい夫婦の関係」を調査したそうです。
いい夫婦の日にちなんだ企画だったのかもしれないですね。

調査の中で、通販を利用するシーンについてアンケートを取ったところ、配偶者のためのものを購入するときと答えた人が、とても仲の良い夫婦は44.1%だったのに対し、仲の悪い夫婦は11.8%となんと4倍もの差がありました。
また、両親や家族のものを購入するときと答えた人は、仲の良い夫婦が34.2%に対し、よくない夫婦は17.6%と、こちらも2倍の開きがあったということです。

同調査は、治部煮外の人のために通販を利用する人ほど夫婦仲が良いとまとめています。

仕事や育児で忙しいと、なかなかお店に行って商品を選ぶという時間が取れないものです。
そんな時期の買い物手段として通販を利用する人は増加しています。

贈り物も通販を利用する人が増えているのは当然のことなのでしょう。

お店で選んでも、家の中でカタログやパソコンで選んでも、送る相手を思う気持ちは変わらないですものね。

お誕生日や結婚記念日など、特別な日ではなくてもちょっとしたプレゼントは嬉しいものです。

好きなミュージシャンの最新CD、疲れをいやしてくれるような写真集、美味しいスイーツ…
相手が喜びそうなものなら何でもよいのです。

お互い忙しい中でも、ラブラブな関係を続けているご夫婦はちょっとした工夫をしてお互いの関係をより良いものにしています。

最近マンネリ気味だと感じている方はご主人にサプライズプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

コミュニケーション不足を感じたら

早朝出勤の奥様と残業の多い旦那様とか、赤ちゃんが生まれたばかりで赤ちゃんに振り回されているママさんと仕事が忙しいパパさんとか、すれ違いの多いご夫婦も多いと思いますが、ご主人とのコミュニケーションはとれていますか?

今日は早めに帰ると言っていたのに、急な飲み会で遅くなるからというメールが一本。
夕食の支度を仕掛けたけれど食べないんだから片付けなきゃ!

久しぶりに一緒に食事ができると思い、腕を振るおうとしていたんだけどなぁ。

これは明日の私の昼ごはん?

ついつい愚痴の一つでも出そうな状況ですが、それは我慢。

ご主人だって申し訳なく思っているはず、そこへ文句を言ってしまうとすまなく思っていた気持ちが一転、何で分かってくれないんだ!いつもがみがみ言ってばかりで耐えられない!と気持ちが離れていってしまいますよ。

ここは女房の器量を見せてあげましょう。

そこで活躍してもらうのが「カード」です。

094330

カードと言ってもそんなに立派なものを用意する必要はありません。
ちょっとしたメモ紙で良いのです。
手紙のように長々と書く必要もありません。
「毎日お疲れ様」とか「いつも大変だね。身体に気を付けてね!」などと言ったちょっとした気遣いが感じられる一言メッセージをテーブルの上など必ず目にする場所に置いておきましょう。

 

家に帰ったご主人はそれを見て、あなたが書いているところを想像してニンマリすることでしょう。
次の休みの日には何かサプライズでも、と思うかもしれません。

097817

メールも同じような効果があるという方もいますが、手書きの威力は想像以上です。

実は、里帰り出産の時に友達から話を聞いて試してみているので断言できます。

私は、冷蔵庫や、洗濯機、本棚、クローゼット、電子レンジの中などいろいろなところにメッセージを隠して置きました。
旦那の性格もあるのでしょうが、二つくらい見つけた後はあちこちメモを探すのが楽しみになって、暗い家に帰るのが苦痛ではなかったと言っていました。

コミュニケーション不足を感じたらやってみてはいかがでしょうか。

喧嘩になったら

喧嘩になってしまったらどうしていますか?

いくら仲の良いご夫婦でも喧嘩を全くしないということはないでしょう。

別々の人格を持った二人が一つ屋根の下で暮らしているわけですから、時には相手の意見とは正反対の考えを持ったり、口論になったりすることもあるでしょう。

それがいけないというのではありません。

むしろ何年も暮らしていて全く喧嘩をしたことがないという方が不自然だと思わないですか?

もちろんそういうご夫婦もいないとは言いません。でも、どちらか片方がずっと我慢していてある時、とうとう爆発してしまったという方が修復不可能になることでしょう。

喧嘩をして相手の新たな面を発見したらそれを理解してあげればよいのです。

自分と意見が合わないからと言って相手がおかしいと決めつけてはいけません。

相手のことを信頼し許容しあえれば受け入れることは可能です。
「あなたのこういう考えは私は同意できない。でも、あなたがそのような意見を持っていることを尊重します。無理に変えようと思いません」ということで良いのです。

意固地になるとこじれるばかりですよね。些細なことから大事になってしまうことだってあるのです。

だから、あなたの方から先にごめんなさいと言ってしまいましょう。

折れるのではなく認めてあげればよいのです。相手に負けるというわけではありません。
でも、そんな風に喧嘩をして、ごめんなさいというタイミングを失ってしまった時の効果的な方法をお教えしましょう。

寝る前に「おやすみなさい」を言いましょう。

何も言わずむすっとして寝てしまったら、その状態は翌朝まで引きずられてしまいます。

時間がたつと険悪になった理由はどこかへ行ってしまいその雰囲気だけが重苦しく残ってしまいます。

なので、おやすみなさいのあいさつをしてその場をリセットしましょう。

毎朝「愛してる」と言いましょう

ご主人に「愛してる」とか「大好きだよ」、「いつもありがとう」などと毎日伝えていますか?

結婚前は毎日何回も言っていたのに、いつの間にか言わなくなってしまったという方が多いのではないでしょうか?

子供の前で恥ずかしいと思われる方もいらっしゃいますよね。

日本人は欧米人に比べるとまだまだ直接的な表現が苦手な方が多いようです。

言わなくたってお互いわかっている、何をいまさら…と思う方もいるかもしれません。

確かに言わなくても日々の言動でよくわかっているということもあるでしょう。

でも、口に出してみると言われた方はとてもうれしいものですし(何気ないそぶりをしていても内心ではとても喜んでいるのですよ)、言った方も心が甚割暖かくなると思います。
アメリカの9.11の大事件の後日本にも広まり、大震災などが起こると取り上げられる詩があります。
「最後だとわかっていたら」という詩です。

もし、明日が来ないとしたら、私は今日、どんなにあなたを愛しているか伝えたい
という内容のものです。ご存知の方も多いことでしょう。

普段私たちは、ごく普通に1週間先、1ケ月先の予定を入れ、数日先の準備をします。

だれでも、明日は当然のこととして訪れると思っていますよね。

でも、それって当たり前のことではなかったのだと知るのは何かが起こってからなのです。

大切な人には、いつも「愛している」、「大好きだよ」ときちんと自分の想いを伝えていたいものですね。

スキンシップ②

手をつないで歩く

最近、ご主人と手をつないでいますか?
そんなこと照れくさくてできないと思っている方もいるかもしれません。

この頃は年配の方でも手をつないで歩いているカップルが多くなってきたように思います。

06d96343f6dbf90f3406b99fbc516b46_m
白髪のご夫婦が手をつないで歩いていると、お二人は良い年月を重ねてこられたのだろうなと思えます。

そんな方々を見ていると、自分たちもそんな風に二人で仲良く暮らしていきたいなあと思えます。

多くの仲良しカップルが手をつなぐことの重要性を語っています。
手をつなぐとお互いのぬくもりが感じられますよね。その瞬間を共有しているという感覚が持てるのです。

おやすみのタイミングを合わせる

いつの間にか毎晩の就寝時間が夫婦でバラバラになってはいませんか?

一緒にベッドに入るのを待ちわびていた頃ははるかかなたの出来事だなんて思っている方もいるかもしれません。

残業で遅くなったり、早く出かけなくてはならなかったり、お付き合いがあって遅くなったり、子供の都合に合わせる必要があったりと、お互いの事情でいつも相手に合わせて就寝のリズムを作るのは難しいかもしれません。

でも、いつまでもラブラブなご夫婦の話を聞くと、二人で一緒に眠りにつくためにいろいろ工夫をされているようです。

夫婦がいつまでもラブラブでいるためにはおやすみのタイミングをできるだけ合わせるのが秘訣だとか。

お互いのぬくもりを感じながら眠りにつくという至福の時を持てれば、些細なことでいさかいになったことなんてどこかへ飛んで行ってしまうのかもしれませんね。

照れくさくて昼間は言えなかったことも、ベッドの中では直に言えたりするから不思議です。

毎日は無理かもしれませんが、せめて週に一日くらいはそんな時間をご夫婦で過ごしてみたらいかがでしょうか。

えっ、私ですか?

もちろんラブラブです。

 

 

スキンシップの効用

3Sの効果って聞いたことがありますか?
SmileSightSkin-ship は男性心理に与える効果は大きなものがあるそうです。

3つのSの一つ、スキンシップですが、肌の感覚、皮膚の感覚ですよね。
普通皮膚感覚というと、触覚、圧覚、痛覚、温覚、冷覚といった感覚をさしますが、「心地よい感覚」「気持ちの悪い感覚」「怖い感覚」等も皮膚でも感じることができます。

暴力は恐怖という皮膚感覚をもたらしますが、無視・無関心も孤独や寂しさにつながる気持ちの悪い感覚を呼び起こすものとなります。
そう言った負の感覚を味わい続けているとお互いの心はどんどん離れていきますよね。

反対に、心地よい感覚を味わう回数が多いとお互いの親密度も高いものとなっていきます。

簡単にできる愛情表現の一つにハグがあります。

何にも言わなくても、ただハグしているだけで気持ちがほぐれていったり、気まずい雰囲気が解消されたりしたといった経験はないでしょうか?

お帰りのハグは、仕事の疲れを癒し、家庭が一番いいものだなあと再確認できる一つの有効な手段だと思います。

夫が妻に求めるものは

よく「夫が妻に求めるものは何か」というQ&Aやコラムを見かけることがあります。

多くの場合、「優しさ」とか「癒し」とか内面的なことについて書かれている気がしますが、あるところに実は…という記事がありちょっと気になったので紹介します。
タテマエはどうであれ、男性が「妻に惚れ直す」のは容姿の部分が大きいそうです。
長年連れ添っていれば年を取るのはお互い様だと言いたいところですが、多くの場合男性の方が目から入ってくる情報に左右されやすいですもの。
グラビア雑誌の種類の方さを見るまでもなく、街なかを歩いている男性の何気ない視線の動きからでもよくわかりますよね。

 

見た目を変えるのって実は意外と簡単で効果的です。

服装ですが、年齢に合った服装をしていますか?

家の中でいつでもジャージ姿をしていないでしょうか?

30過ぎていつまでも cancanに出てくるような髪型や服装をしてはいないでしょうか。

セーラー服などコスプレ趣味の男性は論外ですが、男性はシビアに女性の服装を見ています。
「若さ」と「若作り」は別物です。

痛々しく思われては100年の恋も冷めてしまうでしょう。

年齢に応じた服装というのは大切です。

とはいえ、いつもワンパターンではマンネリ化してしまうのも事実。

時には大人の女性の中から少女っぽさが見え隠れしたらそのギャップにひきつけられることは間違いありません。

童顔で日頃から可愛い感じでしたら、メガネなど小物を利用してキャリアウーマン風に見せても良いでしょう。

ここで、ご主人が好まないタイプを作り上げても意味がないので、くれぐれも間違わないでくださいね。

 

AC 初心者でも稼げるおすすめの携帯チャットレディモコム