無駄な営業電話およびメールの行き着く先

勤め先ではなくケータイに連絡ができるので時間帯を気にせずに電話をするキャバ嬢が増えているとか?

まあ、それは相手も都合が悪ければ応答しないしタイミングが悪ければ手短に切り上げれば済むことですが友達感覚で話を続けると意味の無い営業にもなりかねません。

もちろんポイントを押さえておけば失敗は無いのですがサービス精神が旺盛なために言わなくても良いことまでペラペラと話してしまうキャバ嬢がいます。

その最たる例としては昨日のキャバクラでの出来事、それも来店客の話しを面白おかしく話してしまう失敗例です。

別に悪口でなければ他の男性の話を持ち出すことは問題ありませんが、笑える話だとしても一部始終を話してしまうと完結してしまうんです・・。

相手があなたに色恋の感情を持っているのであれば修復もできますが、そうでない場合は無料で話題を提供したことになるので当日は来店してもらえないかもしれません。

なので、面白い話があるのならヒキの部分だけに留めておいて続きは店でという方向に持って行きましょう。

でなければ延々と無駄な電話をしたことになります。

もちろん、メールでも同じですよ!

コメントを残す