昔の常識は悪しき習慣

昔であれば営業マンさながらのアプローチで、お客様からいただいた名詞を頼りに頃合を見計らって勤務先に電話をするというのが一般的な呼び込みでしょう。

しかもアポを取れるまでは根性論で、しらみつぶしに電話をしろとか?

ですが近年では世の中の通信手段が変っています。

加えて営業に対する応対も変化しているのではないでしょうか?

まあ、お水特有のマクラ営業は今も昔も代わり映えしないようですが正攻法とはいえませんね!

実際のところ数打ちゃ当たるの方程式は崩れかけています。

なので、どうしたら来店してもらえるのかはオーナーにとってもキャバ嬢にとっても毎日の課題になります。

接客時はもちろんのこと、お休み中にだって頭から離れないこともしばしば・・・。

真面目であれば

誠実であれば

この様な考えが通用したのは古き良き昔のことで、もちろん今でも見逃してはいけない部分ではありますが、それだけに縛られていたのでは悪しき習慣としか言えません。

でも、これを打開するヒントって意外なところに転がっているものです。

少しだけ自分の世界から外に出てみませんか?

続きはまた後日。

コメントを残す